葬儀の支払いは費用の構成を知ることが重要

葬儀の支払いをめぐる揉め事を回避するには

葬儀における揉め事はほとんどが事前に見積もった金額と請求された金額に相違があることです。注意しなければならないのは葬儀一式でいくらという表現です。多くの場合遺族は葬儀に精通しているわけではありませんから、葬儀にかかるもろもろの費用すべてのことだと勘違いすることがあります。葬儀にかかる費用、葬儀そのものにかかる費用と宗教者にかかる費用、会葬者を接待する飲食費の3点から成り立っているということを認識する必要があります。

葬儀社の広告やホームページに記載してある、葬儀一式とは葬儀そのものにかかる費用だけなのです。この点を認識しておくことがトラブル回避の第一歩です。見積もりに関して受けた説明は、明細をもとにもう一度検証し、余裕があれば別の日に再確認すれば誤解のリスクが低減します。

宗教者へ支払う金額はなかなか直截的には言いにくいものです。しかし、仏式での読経料や戒名料は細かなランキングがあり、しかも宗派やお寺によっても大きく違うものなので、葬儀社と相談しながらはっきりさせておいたほうが良いでしょう。定価というものがないだけに、いつまでも先延ばしにするほど事態は悪化していきます。

ある程度覚悟しておかなければならないのは会葬者の接待費用です。何人が来てくれるのか当日になるまで分かりません。想定以上の方がこられたら会葬御礼の品の追加や飲食費が膨れあがるのは避けられません。こうした予備費をある程度計上しておくことで金銭を巡る揉め事が生じないようにすることができます。追加費用を厳密に把握しておくために担当を決めてメモを取ることが大切です。