葬儀の支払いは費用の構成を知ることが重要

葬儀費用を節約する方法

葬儀費用は遺族が考えた以上に高額になることもあります。経済的な事情などがあり、葬儀費用はできるだけ抑えたいと思っても、なかなか口に出すのは難しいものです。しかし費用を抑えることは可能です。注意しておくべき事は、安いことにはそれなりの理由があるということです。安いというメリットと同時に、いろいろな問題もあるということを知っておくことが大切です。

地方自治体と葬儀社が提携して行う葬儀が市民葬です。区が行う場合は区民葬といいます。多くの場合斎場は公共施設が使われます。メリットはとにかく割安であることです。しかし質素な葬儀になりますし、必要になったものを次々に追加していたら結局高額になってしまうこともあるので注意が必要です。

最近急速に話題を集めているのは家族葬です。家族葬は、家族だけ、ないしは家族とごく親しい人だけという少人数で営む葬儀です。大きなホールは必要なく、会葬御礼や接待費用などはかなり抑えることができます。家族葬が人気を集めてきているのは予算の問題だけでなく、会葬者の応対に追われることなく、身内だけでお別れの時間を過ごすことができる、という点が評価されています。

より合理的な考えを持っている方の場合は、葬儀を行わず直接火葬する直葬を選ぶこともあります。確かに費用は安くて済みますが、こうした選択する場合は、親族などの了解を得ておかないと、後になって関係が悪くなり後悔することにもなりかねませんので、事前によく話し合っておくことが大切です。