葬儀の支払いは費用の構成を知ることが重要

葬儀は費用を正しく把握することから

葬儀後に渡された請求書を見て、予想外の高さに驚いた経験がある人もいるでしょう。不慣れなことだらけの葬儀だからこそ、かかる費用については正しい理解が必要です。費用は、葬儀本体にかかる費用・宗教者への支払い・接待に伴う飲食費用が3本柱になります。このうち約半分程度が葬儀本体にかかる費用になります。

葬儀本体の費用は明細の確認が重要です。祭壇は白木祭壇、造花祭壇、生花祭壇の3種があり料金が違います。一つひとつ、故人の生前の希望や予算を考えて決めます。葬儀が終われば火葬場に移動して火葬を行います。使用料だけでなく移動のための車両費もかかります。このように細かく積み上げて、本体だけでどれくらいかかるかを把握することが大切です。

葬儀に精通している遺族は稀ですので、あらかじめ、葬儀本体で必要なものを包括した葬儀セットプランを多くの葬儀社が用意しています。パッケージ商品なので細かな選択の余地がないものもありますが、選択できるものも含まれていることがあります。

結構費用がかかるのが仏式でいえば寺院側に支払う費用です。具体的には読経料と戒名料になります。この相場は宗派やお寺によってさまざまです。インターネットで検索する目安となる費用が掲載されていますが、あくまで参考です。遺族としてはちょっと聞きづらいところですが後で驚くことがないように明確にしておくことが大切です。

このほか、会葬者をおもてなしする接待費用があります。会葬御礼の品や礼状と、飲食費です。都市部ではほとんどお茶や茶菓子程度ですが、地方では精進落としなどとして、寿司桶を大量に注文したり、ビールなどの飲み物をふるまうケースもあり、結構な費用に膨れ上がることもあります。